営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6857-7888

 
 
住所

〒563-0034

池田市空港1-12-3

スタッフブログ

   
2016/09/19  オーナーズボイス  セールス I.S
ciao kitaosaka
I.S / チャオ
[セールス]
 

CIAOCIAO

新しい北大阪 ファミリー 拡大中

 

なんどみてもこのクルマはかわいいーですね

北大阪 ディーラー限定車 ”アローイ”

アルミホイールとトリコロールのワンポイントがセットです

こちらはご希望で

ブラウンのシートへ変更

トリムも白と思いきやアイボリーで

 こだわりのシートになりました

みんなでそろって

はい!スマーイル!!

 

それではCIAOCIAO

 
   
2016/09/19  サービス 
キモチイイけどキモチワルイ!?
 

本日はFIAT500のエンジン&ミッションマウント一式を交換しました。エンジン・ミッションを車体とつなぐ部品です。ゴムのブッシュを介して振動を吸収しています。しかしながらこのゴムの部分も経年劣化や走行距離が増えるとへたってきて不快な振動を発したり車の動きにメリハリ感を無くしていきます。

左からエンジンマウント、トルクロッド、ミッションマウントです。トルクロッドはアクセルのON/OFF時(加速・減速時)のエンジンの変異を抑える物です。

エンジンマウントのゴム部分には見た目の異常はありませんが、触診するとかなりへたっています。
こちらはミッションマウント。外側と内側の二重構造になっていますが外側には明らかなゴムの劣化が見受けられます。
トルクロッドのブッシュもこの通り亀裂が始まっていました。
エンジンマウントは向ってエンジンの左側にあります。
ミッションマウントはバッテリーの下に隠れているのでバッテリーホルダーの脱着が必要になります。
FIAT500の1.4ではバッテリーホルダーにエンジンECUが取り付けられていますが、コネクターを取り付ける際は接触不良を防止するために接点スプレーを塗布させていただいています。
トルクロッドは車体の真下、エンジン・ミッションの後端に取り付けられています。
今回は一緒にフロントサスペンションのアッパーマウントも交換させていただきました。
ストラット式サスペンションとボディとの間に入る部品です。

交換後は必ずテスト走行を行います。足回りを外した作業後はサイドスリップとハンドルセンターの確認も行います。

で、実際乗るとどのような効果があるのか?

もうエンジンをかけた瞬間にその違いを感じますよ~(^^)エンジンの揺れを制御している部分が新品になるわけですから走りも滑らかになって超キモチイイけど気持ち良すぎてキモチワルイ!(笑)

「ああ、交換してよかった♪」と思えるパーツNo1じゃないでしょうか(^^)

 
2016年09月(33件)
        01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ページ上部に戻る